わたしたちの教会は

 仙台東教会は、日本基督教団(日本キリスト教団)に連なるキリスト教会です。
 日曜日ごとに行われる主日礼拝を中心に、聖書を通して思いを巡らし、神の前で真の自由と命に生きる喜びを求めています。
 伝道・教育・社会奉仕活動など、この仙台の地にあって、聖書の言葉に聴きつつ歩みを進めていきたいと願っています。
 どうぞ、お気軽に教会の門をくぐってください。
​ 礼拝に参加するだけでも、聖書を学ぶ会に出席するだけでも、ご自分にあった方法で教会につながってくださればと思います。
​ 礼拝やその他の集会、クリスマスの催し等も、すべての人に開かれています。

仙台東教会の沿革

1895~1930年 仙台クリスチャン教会(クリスチャン・チャーチ)
1930~1941年 宮城基督教会
1941~1988年 仙台二十人町教会
1988年~ 仙台東教会(現在地にて)


クリスチャン・チャーチについて
 18世紀末にアメリカに誕生した「クリスチャン・チャーチ」は、バプテスト、メソジスト、長老教会という三大教派名前の通り、ただキリストのみという御旗のもとに多くの教派で信仰的な矛盾と葛藤に苦しんでいた人々が始めた教派です。19世紀の終わりに、クリスチャン・チャーチの宣教師たちは日本を目指しましたが、すでに宣教の種がまかれた地ではなく、キリスト教が伝わっていないと思われる地を目指しました。石巻から鳴子、涌谷と宣教した宣教師は、関東の地にいったんその活動の場をもとめ、改めて1890年代に仙台を訪れました。しかし、米国クリスチャン・チャーチは1929年に米国会衆派教会と合同したため、1930年に日本クリスチャン教会も日本における会衆派教会(日本組合教会)に合同しました。